ハワイ旅行でのドライブ中!レンタカーへの給油、初体験!

ハワイ旅行でのドライブ中!レンタカーへの給油、初体験!

ハワイでレンタカーを借りる際、不安なのが給油ではないでしょうか。
ガソリンの量に余裕があるうちはあまり気になりませんが
ガソリンメーターの目盛りが下がってくると、次第に不安になってくるんですよね。^^;

 

そんな私たちが利用したのは、セルフサービスのガソリンスタンドでした。

 

 

ガソリンスタンド(セルフサービス)の使い方

給油ポンプのいちばん上に、“Cash Customers Please Pay First” と書いてあるとおり
ホノルルでは料金前払い制です。

 

 

セルフサービスのガソリンスタンドは、コンビニなどが併設されていますので
お店のレジで、使いたいポンプの番号を伝えて料金を支払います。

 

ガソリンを満タンにして返さなくていい場合には、
10ドル分など、入れたい分だけ料金を支払って給油するのが賢いです。^^

 

そんなときは、“Ten dollars at pump No.3, please.” と言えば、
ジャストな金額が手元にない場合でも、おつりがもらえます。(^^)

 

レジでの支払いが済んだら、車のエンジンを切って給油口をあけ、
ポンプからノズルをはずして持ち、グリップを握るとガソリンが注入されますが、
金額分に達したら自動的に止まるので大丈夫です。^^

 

ガソリンは、どれを選べばいい?

レンタカーに給油するガソリンは、3種類のうち、レギュラーガソリン以外を選びます。

 

 

この場合、グレーか白のガソリンを選べば大丈夫。
給油がすんで、ノズルを元の位置に戻したら、完了です。(^^)

 

 

海外でのセルフサービスの給油は、初めはあれこれ迷いますが・・・
2度目の給油からは勝手もわかり、かなり余裕でした。ヽ(*^^*)ノ

 

私たちは、レジで支払いをする人、給油をする人と役割分担を決めておいたので
はじめてながら、スムーズに給油ができました。(^^)

 

≪スポンサードリンク≫

ハワイ旅行でのドライブ中!レンタカーへの給油、初体験!関連ページ

契約手続き&初ドライブ